忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆寮歌祭まであと10日◆

学生時代に、明治40年から歴代の寮歌をまとめて聴いて、「一帯ゆるき」から大正4年「時轍乾坤に」まで、間にかの「都ぞ弥生」があったりはするのですが、なんとなくどれも明るく楽しく分かりやすい旋律で親しみやすくいいなあと思ったことがありました。喩えて言うなら(先輩方には大変ご無礼ではありますが)、コンパクトな編成と短めの曲で次々ヒットを飛ばした初期のビートルズというところでしょうか。
あんまり書くと寮歌・ビートルズファンの双方から何か言われそうですが。

中でも、できれば寮歌祭で一度歌ってみたい曲に明治41年「大虚の齢」があります。
山元先生がいらっしゃると、時々先生が前口上をかけて下さることがあり、1番と6番を歌います。
6番の最後 「ビーアンビシァスボーイズと」 の歌詞と曲がよく調和した名曲です。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[09/28 N.M]
最新TB
プロフィール
HN:
寮歌祭実行委員会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 北海道大学寮歌祭ブログ All Rights Reserved